WordPressテーマ「ストーク」に入れておきたいおすすめプラグイン15選

「ストーク」は高機能でデザイン性にも優れたWordPressテーマです。今回はストークを使いこなすために導入しておきたいおすすめのプラグイン15個をご紹介します。

セキュリティ系プラグイン

Akismet

あなたのブログをさまざまな迷惑コメントから保護してくれるプラグイン。WordPressテーマ「ストーク」の製作者でもあるブログマーケッターのJunichiさんが解説動画を作ってくれています。

▼2016年9月版 WordPressプラグイン『Akismet』の設定方法

Login LockDown

WordPressのログイン画面のセキュリティ強化プラグイン。指定回数ログインエラーが起きると、一定時間ログインができなくなくなります。

参考記事)Login LockDown(ログインセキュリティ対策プラグイン)

SiteGuard WP Plugin

WordPressログイン画面のセキュリティをさらに強化してくれるプラグイン。画像認証機能を付加することでさらに不正なアクセスからブログを防ぐことができます。

参考記事)今年も猛威をふるうWordPress攻撃。初心者ならまずプラグインでセキュリティ対策『SiteGuard WP Plugin』

SEO系プラグイン

All In One SEO Pack

SEOを強化するためのさまざまな機能がパッケージされた有名なプラグイン。個別記事のタイトルや説明文を設定したり、SNSに投稿するための設定などができます。

参考記事)All in One SEO Pack の設定方法と使い方

WordPress Ping Optimizer

記事を更新する際のPing送信についての設定を行うプラグイン。このプラグインを使うと、記事を最初に公開したときのみにPing送信ができるようになります。

参考記事)2016年版!WordPress Ping Optimizerの設定と使い方

PubSubHubbub

Google検索エンジンに迅速に記事の更新を知らせるためのプラグイン。検索エンジンへのインデックスを早めることができます。

参考記事)PubSubHubbub – Googleの検索エンジンに素早くインデックスできるWordPressプラグイン

コンテンツ作成に役立つプラグイン

AddQuicktag

記事投稿画面でよく使う定型文やコードなどを保存しておくことができるプラグイン。ストークにはさまざまなショートコードがありますのでそれを登録しておくと便利です。

参考記事)[ショートコード] AddQuicktagの設定

SNS Count Cache

FacebookやTwitterといった各種SNSのソーシャルボタンのカウント数を表示するためのプラグイン。ソーシャルボタンの存在感をさらに効果的なものにしてくれます。

参考記事)ソーシャルボタンのカウント設定(SNS Count Cache)

Broken Link Checker

リンク切れを教えてくれるプラグイン。リンクエラーの管理は大変なので自動チェックしてくれるプラグインを入れておくととても便利です。

参考記事)Broken Link Checkerプラグインの使い方

ウィジェット系プラグイン

WordPress Popular Posts

ブログの人気記事一覧を表示するためのプラグイン。文章のみや画像付きで表示したりとさまざまなカスタマイズが可能。サイドバーやフッターなどのウィジェットに使用することができます。

参考記事)WordPress Popular Posts – 記事を人気順にランキング表示できるWordPressプラグイン

Category Order and Taxonomy Terms Order

カテゴリーをカスタマイズするためのプラグイン。デフォルトのカテゴリーでは、カテゴリー名を表示させる順番を変更できませんが、これを使うことで簡単に順番を変えることができます。

参考記事)カテゴリの順番を変更するプラグイン「Category Order and Taxonomy Terms Order」

Simple Local Avatars

記事下の著者のプロフィール画像を簡単に設定できるプラグイン。ストークの初期設定まとめ記事ではGravatarによるプロフィール画像の設定を紹介していますが、こちらのプラグインを使った方が簡単に設定できます。

参考記事)Simple Local Avatars – WordPressのアバターに任意の画像を利用できるプラグイン

その他の便利なプラグイン

Disable Revisions

リビジョン機能をオフにするためのプラグイン。記事の自動バックアップ機能により生成されるリビジョンの蓄積を防ぎ、データベースへの負荷を減らすことができます。

参考記事)DBを圧迫する投稿リビジョンを停止するプラグイン「Disable Revisions」

WordPress Backup (by BTE)

WordPressで作ったブログのテーマ、画像、プラグインのファイルの自動バックアップを取ってくれるプラグイン。

参考記事)テーマや画像、プラグインをバックアップしてくれる守護神! その名も”WordPress Backup”

Contact Form7

ブログ専用のお問い合わせ先(メールフォーム)を作成するための有名なプラグイン。

参考記事)ワードプレスでお問い合わせを設定するなら「Contact Form 7」プラグインを使ってみよう!

以上、WordPressテーマ「ストーク」に入れておきたいおすすめプラグイン15選でした。参考になれば幸いです。

3 件のコメント

  • モモコグミさん、ご質問ありがとうございます。
    モモコグミさんもWordPressテーマ「ストーク」をお使いのようですね。
    ストークでは、見出しタグがH1,H2,H3…と設定できますが、このうちH3タグを使用すると見出しの左に線を入れることができます。
    見出しの両サイドをH3タグで囲んであげるとよいです。
    もし、まだわからない点があればいつでも相談してください。
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。