ストレングス・ファインダーから自分の強みをつくる方法

ストレングス・ファインダーを受けたみなさん、診断結果を見てそのままにしていませんか?

自分の持つ「資質」を「自分の強み」にしていくためには、それを言葉に表し、行動に移していくことが大切です。せっかく診断したのですから、そこからさらにもう一歩踏み出して、自分の生活を変えるためのステップにしてみませんか?

今回は、ストレングス・ファインダー診断結果を生かして、自分の強みをつくる具体的な方法についてご紹介します。

【ベストプラクティス】ストレングス・ファインダーをモチベーションスイッチに変える方法

さっそくですが、ストレングス・ファインダーの活用法として一番いい方法をご紹介します。それは「自分コンパス」というメディアを運営されているやぎぺーさんの方法です。


ストレングスファインダーを使って自分のモチベーションを上げる方法(自分コンパス)

ストレングス・ファインダーと言えばやぎぺーさん、というぐらい使いこなしている人です。なんせ、ストレングス・ファインダーに100万円以上も投資している人ですから。

そんなやぎぺーさんのストレングス・ファインダー活用法が先ほど紹介した記事になります。

記事のポイントを紹介します。

記事のポイント
  1. 自分の心にはモチベーションスイッチがある
  2. 方法1:過去にモチベーションを感じた経験から探る
     過去にモチベーションを感じた経験
     → ストレングスファインダーの資質から理由を探る
     → 再現性があるか試す
     → モチベーションが上がればメモする
  3. 方法2:資質から探る
     自分の資質がどんなことにモチベーションを感じるか確認
     → 資質が刺激されそうな行動をとる
     → モチベーションが上がればメモする

やぎぺーさんのこの方法はかなり深いところまでつっこんだ方法になっています。本格的にやってみたい方にはおすすめです。

詳細は以下の記事をご覧ください。

ストレングスファインダーを使って自分のモチベーションを上げる方法(自分コンパス)

【初級編その1】ストレングス・ファインダーから自分の長所を伸ばす魔法の言葉を見つけよう

とりあえず、ストレングス・ファインダーをやってみたけど…という初心者には、より簡単にストレングス・ファインダーの診断結果を生かせる方法について、ここから紹介します。

それは、ストレングス・ファインダーから自分の長所を伸ばす魔法の言葉を見つける方法です。

例えば、僕のストレングス・ファインダー診断結果(上位資質トップ5)は以下のようなものです。

  1. 学習欲
  2. 達成欲
  3. 内省
  4. 成長促進
  5. 共感性

ストレングス・ファインダーの診断結果レポートでは、各資質の説明だけではなく、自分だけの「強みの洞察」(自分の卓越している点)も見ることができます。

それらの内容をよく読み、自分の資質がどんなものかを理解したうえで、その資質を一言で表すキャッチフレーズを考えてみましょう。

僕の場合は、以下のように考えてみました。

  1. 私は学ぶことが大好きです(学習欲)
  2. 私は毎日、目標達成のために自己を投入します(達成欲)
  3. 私は一人で「内省」する時間を大切にします(内省)
  4. 私は人の潜在的な可能性を信じます(成長促進)
  5. 私は人の本心に耳を傾けます(共感性)
ポイントは、正しく表現する以上に、いかに自分の心にしっくりくるか、です。

最初は難しく考える必要はなく、自由に発想してみてください。そのうえで、その表現が資質にあっているかどうかを再確認すればよいのです。

このキャッチフレーズを1日1回でもよいですから、自分で唱和してみる。たった、それだけでも、自分の長所や強みを意識した生活ができるようになります。

【初級編その2】ストレングス・ファインダーの行動アイデアを自分の生活の中に取り入れよう

次に、ストレングス・ファインダーの診断結果で得られる「行動アイデア」を自分の生活の中に取り入れる方法です。この行動アイデアは書籍「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」で見ることができます。

【初級編その1】でお伝えした方法では、まだ自分の強みを完全につくり出すことはできません。なぜなら、そこには行動が伴っていないからです。

何度も言いますが、ストレングス・ファインダーをやったら、行動しなければ意味がありません。逆に行動できる人は、どんな診断結果でも、それを自分の原動力にして強みにできる人です。

行動アイデアがわかったら、さっそく、その中から自分がやれそうなことをリストアップしてみてください。それがあなたのこれからの行動目標になります。

行動目標について詳しく知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

行動目標で自分を成長させる方法

2017.01.25

僕は場合は、以下のような行動目標を立ててみました。

  1. 新しいことを学んだらブログでアウトプットします(学習欲)
  2. 目標に到達するまでのスケジュールと目安を決めます(達成欲)
  3. 週に一度は深い「内省」の時間を持ちます(内省)
  4. 人の成長に気づいたら素直に認め喜びます(成長促進)
  5. 一日の終わりに瞑想をして心を落ち着かせます(共感性)

このように、まずは自分にできることから始めてみるとよいです。慣れてきたら、徐々にレベルアップしていきましょう。

魔法の言葉 × 行動アイデア = 自分の強み、になる

ストレングス・ファインダーをやってみた人には、今回ご紹介した初級編の2つの方法をぜひ試してみてほしいです。実際に、「言葉」と「行動」のかけ算は大きな力を生み出します。僕自身、自分の資質に目を向けることで、かなり人生が前向きになりました。

  • 自分の長所を伸ばす魔法の言葉 × 行動アイデア = 自分の強み

僕の場合、言葉と行動をかけ合わせると以下のようになります。

  1. 私は学ぶことが大好きです(学習欲)
     新しいことを学んだらブログでアウトプットします
  2. 私は毎日、目標達成のために自己を投入します(達成欲)
     目標に到達するまでのスケジュールと目安を決めます
  3. 私は一人で「内省」する時間を大切にします(内省)
     週に一度は深い「内省」の時間を持ちます
  4. 私は人の潜在的な可能性を信じます(成長促進)
     人の成長に気づいたら素直に認め喜びます
  5. 私は人の本心に耳を傾けます(共感性)
     一日の終わりに瞑想をして心を落ち着かせます

ストレングス・ファインダーは、自分を知るきっかけにすぎません。

自分の長所と可能性がわかったら、まず自分を信じて行動してみる!

これが、ストレングス・ファインダーを通して自分の強みをつくっていく最大の方法だと感じています。

以上、ストレングス・ファインダーから自分の強みをつくる方法でした。




シェア&フォローしてくれるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(4歳と2歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。よろしくお願いします。