JPEG画像をPDFに変換してくれる無料オンラインサービス「JPG to PDF」

JPG to PDFは、JPEG形式の画像を簡単・無料でPDFに変換してくれるすごく便利なサービスです。

JPG to PDF

JPEG画像をPDFに変換する方法を探すと、たいてい有料ソフトの情報が出てきます。しかし、1、2枚のPDFデータを作成するために、わざわざ有料ソフトを使う気にはなれないはず。このJPG to PDFを使えば、そんなソフトを使わずとも、あっという間にJPEGからPDFへの変換ができます。

使い方は以下の3ステップ。

JPG to PDFの使い方

①JPEG画像をドラッグ&ドロップ

jpeg-to-pdf-drop1
JPG to PDFにアクセスし、PDFに変換したいJPEG画像をドラッグ&ドロップでアップします。画像は1枚だけでなく、複数枚アップすることができます(複数枚アップすると、複数ページ分のPDFデータが作成されます)。

②JPEG画像からPDFデータに変換

jpeg-to-pdf-create1
画像をアップすると、自動的にPDF変換後のプレビューが出てきます。ここで、用紙のサイズ(A4もしくはLetter(US)の2つから選択)や余白のサイズを調整することができます。「Create PDF now!」をクリックすると、PDFに変換されます。

③できたPDFデータをダウンロード

jpeg-to-pdf-create2-1
PDF変換が終了すると、「Download File Now」という表示が現れるので、そこをクリックするとPDFデータをダウンロードできます。また、「Download File Now」の横にDropboxとGoogle Driveの小さなアイコンがあります。そこをクリックすると、DropboxやGoogle Driveへの保存も可能です。

Google Chromeのエクステンションを使うともっと便利!

ちなみにこのJPG to PDF、Google Chromeのエクステンションもあります。エクステンションを導入しておくと、Chromeのアプリからいつでもアクセスができるようになり、便利です。
JPG-to-PDF-extension1

JPG to PDF、もはや僕の中では必須アプリですね。ぜひ一度、使ってみてください。

JPG to PDF
http://smallpdf.com/jpg-to-pdf

ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。