Google KeepとEvernoteの比較や使用感などまとめ

Googleが3月20日(米国時間)、リリースした新しいメモアプリ「Google Keep」。同じメモアプリ・サービスとして人気を誇る「Evernote」との比較や実際に使ってみた使用感などをまとめてみました。

Google Keep
グーグルキープ2

Google Keepの特長

Google Keepの一番の特長は、テキストや画像、音声など、自分のメモしたいこと、思いついたことを気軽に保存できる点です。

Google Keepのトップページ。ここから簡単にメモが作れます。
グーグルキープ1

表示は「リスト表示」と「ギャラリー表示」の2つから選べます。

リスト表示
グーグルキープ1-0-1-1

ギャラリー表示
グーグルキープ1-0-2

また、メモに色をつけたり、チェックリストにできたり、画像の挿入も簡単にできたりします。

メモに色をつける
グーグルキープ1-1

チェックリストをつくる
グーグルキープ1-3

↓チェックリストをつくると、以下のように表示させることができます。
グーグルキープ1-2-1

画像を挿入する
グーグルキープ1-2
※PC版では「画像を挿入」⇒「アップロードする画像を選択」で好きな画像を挿入できます。なお、Android版アプリでは、カメラアイコンをタップすることで、その場で撮影した写真をそのままメモできるようです。

使用して不要になったメモは削除またはアーカイブとして保存もできます。
グーグルキープ1-4

↓アーカイブしたメモは一覧表示で確認できます。
グーグルキープ1-4-1

メモはクラウドで保存されるため、ウェブが使えるPCやAndroid端末であれば、どこからでもアクセスできます。

Evernoteとの比較

では、既存のメモアプリ・サービスといったいどこが違うのでしょうか?現在、もっとも人気のあるメモアプリの一つに「Evernote」があります。

そこで、まずはEvernoteの特長について挙げてみます。

Evernoteの特長

  • アプリ上の「ノート」に気軽にメモでき、ウェブ上のスナップ画像やファイルなど、とにかく何でもクリップ(保存)することができる
  • PCやスマートフォンなどあらゆるデバイスからアクセスでき、自分のPCがなくてもウェブブラウザからデータへのアクセスが可能である
  • 写真や音声の記録もできる
  • ノートブックスタックでカテゴリ分けができ、タグ付けで分類することができる
  • 記録したメモは容易に検索することができる
  • 無料版と有料版があり、無料版では1ヶ月に60MB、有料版(月450円)では1ヶ月に1GBまで記録できる

Google Keepと比較してみると、ほとんど機能面では変わらないです。簡単にメモができる気軽さと画像や音声を記録できる点も同じですね。ファイルやドキュメント保存に関してはEvernoteが優れていますが、Google KeepはGoogle Driveを使うことでその面を補うことができます。

ただ、Evernoteでは、ノートブックスタックによるカテゴリ分けやタグ付けなどの機能が便利だったので、その点はGoogle Keepが劣るかもしれません。

さらに、今年7月に情報収集ツールとして便利だったGoogle Readerの廃止が決まっていることもあり、ネット上ではGoogle Keepの継続性についても不安視する声があるようです。

これまでEvernoteを使っていたユーザーにとっては、そこまでGoogle Keepに乗り換える理由はないのかもしれません。

しかし、私は個人的にGoogleのサービスが好きなので、とにかく使ってみることにしました。

実際に使ってみた使用感

メモはとにかくサクサクと作れる感覚です。Google Keepにアクセスした瞬間にメモを入力する画面が現れるので、とても使いやすいです。このサクサク感は、Evernoteよりも心地よく感じます。

グーグルキープ3

また、ユーザーインターフェースもすっきりしていて、見た目も見やすいです。ただ、まだ数える程度のメモしかしていないので、これがEvernoteのような膨大な数のメモになってくるとどうなるかわかりません。今後、様子を見ていきたいと思います。

個人的には、Evernoteはウェブクリップ専用、Google Keepはメモとチェックリスト専用という感じで使い分けができるのではないかと思いました。

両者の長所を生かして付き合えばよいサービスになるのではないでしょうか?

(Google Keepに関する参考記事)
「Google Keep」を使ってみた–グーグルのメモ作成アプリの使用感
「Google Keep」日本語版を試用–競合メモ系アプリとの差別化が鍵

Google Keep
https://drive.google.com/keep/

※)当記事での画像はすべてGoogle KeepをPCで使った際の表示画像です。

ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。