Google GlassとGoogle Watch―Googleが放つ2大革新スマートデバイスとは

Googleが放つ新たなスマートデバイスとして注目を受けているGoogle Glass。すでにご存知の方も多いことだろう。しかし、英Financial Timesによると、Googleは腕時計型のスマートデバイスも開発しているという。その中身とは一体―。

新たな世界観! Google Glassの登場

Google Glassは、Googleが独自に開発しているメガネ型のスマートデバイス。Wi-FiまたはBluetoothを使ってインターネット接続(デザリング)が可能で、GmailやEvernoteなどおなじみのアプリが使えるという。

Google Glass
google-glass-1
その使い方を紹介したGoogleの公式動画があるので、参考にどうぞ。

映像の中にあるように、「OK,glass」「Record a video」「Take a picture」などの音声認識で操作することが可能で、とってもスタイリッシュな次世代スマートデバイスだといえる。

機能はこれだけではなく、Googleマップのルート検索のように目的地への道筋を示してくれたり、自分の声を違う言語に翻訳してくれたり…といった機能もあるという。

Googleファンならずとも、スマートデバイスが好きなユーザーであれば、誰しも興味を持たざるを得ないものではないだろうか。

Google Glassはすでに一般ユーザー向けのβ版が出ており、2013年中には販売が開始されると言われている。

気になるスペックは、解像度が4.8メガピクセル、バッテリー持続時間が10~12時間。価格は1500ドル(約14万円)以下に抑えられるという。

Google Glassの詳細については、実際に使ったという海外メディアの動画がアップされていたので参考に掲載しておく。

期待膨らむGoogle Watch

一方で、現在開発が進められているGoogle Watchとは一体どんなスマートデバイスなのだろうか?

詳細はまだ明らかではないが、Financial Timesによると、Google WatchとはAndroidを搭載した腕時計型デバイスではないかと考えられる。

また、一部の海外メディアでは、Google Watchの方が早くリリースされ、早ければ今年の夏ごろには市場に出回るのではないか、とも予想されている。

いずれも、まだ詳細はわからないが、世界でにわかに注目され始め、Google Glassに引き続き、人々の世界観を大きく変えてしまうような革新的なスマートデバイスになることが期待されている。

もし、Google Watchが早くも実現するのだとすれば、今年5月に開催されるGoogle I/Oで衝撃的な発表があるのかもしれない。

新たな情報が入り次第、当サイトでも速報でお届けしたい。

ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。