超簡単4ステップ!ブログの画像に説明文や矢印を入れる方法

ノウハウ系のブログ記事を書いていると画像中に説明文や矢印を加えてもっとわかりやすくしたいと思うことがあります。でも、Photoshopなどの高価なソフトは持ってないし、やり方もわからない・・・。そんなときに役立つのがフリーソフト「Jing」です。Jingは画像のキャプチャから画像加工までをたったの4ステップでこなしてしまう超便利なソフトです。

まずはJingをインストール

Jingは以下のサイトからダウンロードできます。

Jing | TechSmith

Jingをパソコンにインストール後、起動すると、デスクトップ上に黄色い球体の形で出現します。他の作業中には動作せずにバックグラウンドで待機状態になります。

▼参考)PCのデスクトップ上でのJingのアイコン

とっても簡単! 無料キャプチャソフトJingの使い方(動画つき)

Jingの使い方はすごくシンプルです。以下の4ステップでOKです。

1.アイコンをクリックする

まず、黄色いアイコンの「Capture」ボタンをクリックします。

2.キャプチャしたい画像を選択する

次に、キャプチャしたい画像を選択します。

画像を選択後、「Capture image」をクリックします。

3.キャプチャした画像を加工する

キャプチャした画像は簡単に加工することができます。

画像に文字を入れたり、矢印や四角形の図形を入れたり、色つきのマーカーをつけることもできます。

4.加工した画像を保存する

加工した画像にファイル名を入れて保存すれば完了です。

【動画】無料キャプチャソフトJingの使い方

最後に、このブログ記事だけではわかりづらいところもあったかもしれないので、Jingの使い方について動画を作成しました。これを見ていただくとよりイメージがつかめると思います。参考にどうぞ。

▼無料キャプチャソフトJingの使い方

Jingはすごく便利なフリーソフトです。これ一つあれば画像のキャプチャから加工までがサッと終わります。作業を効率化したい人にもおすすめです。

この記事が気に入ったらみんなにシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。