FUJIFILM×こどもちゃれんじ「1さいのフォトブック」を作ってみた感想

こどもちゃれんじの「1さいのおたんじょうび記念号」についてくる「1さいのフォトブック」の作成サービス。実際に利用してみたところ、FUJIFILMによる本格フォトブックが1冊無料で作れました。

1さいのフォトブック
1歳のフォトブック

このサービスで作成できるフォトブックは以下のような仕様です。

  • サイズ 127mm×127mm
  • カバー ソフトカバー
  • ページ数 16p
  • 使用できる画像枚数 最大49枚
  • 印刷の種類 オンデマンド印刷
  • 製本方式 無線綴じ・並製本
  • 表紙加工 マットラミネート

フォトブックの作り方は以下の通りです。

  1. 専用サイトに写真をアップロードする(300枚まで可能)
  2. 使いたい写真を選ぶ
  3. デザインを決める

難しいことはありません。使いたい写真さえ決まれば、デザインは準備されたテンプレートの中から好きなものを選ぶだけ。中のページは自動的に作られるという、初心者にもわかりやすい仕組みになっています。

こどもちゃれんじの「1さいのおたんじょうび記念号」についてくるこのフォトブックサービスは、1冊まで無料でできます。2冊以上作りたい場合は、追加注文で2冊目以降の料金だけ支払えばOKです。

ちなみに僕は自分と妻の両家にプレゼントするため、2冊注文しました。

そして、注文してから数日後、ようやく完成品が郵送で届きました。

1歳のフォトブック-1

封筒を開けてみると、なんと立派なフォトブックができているではありませんか!

1歳のフォトブック-2

中のページの写真もなかなかよい感じに仕上がっています。

1歳のフォトブック-3

最終ページには、メッセージなどを書き込むのにちょうどよいスペースもあります。

1歳のフォトブック-4

専用のフォトブックケースもついてきます。

1歳のフォトブック-5

オンデマンド印刷なのでプロの写真集のようにきれいにはできませんが、自分や家族で楽しむにはちょうどいい素朴な質感です。1歳の誕生日記念にはぴったりですね。

この記事が気に入ったらみんなにシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。