熊本地震ボランティア参加者に事前に知っておいてほしいこと

熊本地震の被災地災害ボランティアの募集が始まりましたが、本当の意味で被災地のためになるには事前の準備がかなり重要です。ここでは、これから熊本地震の災害ボランティアに参加を考えている人向けに最低限知っておいてほしいことをまとめてみました。

益城町、合志市、菊池市などでもボランティアの募集を開始

現在、熊本市だけでなく、南阿蘇村、益城町、合志市、菊池市、山都町、宇土市など熊本県各地でボランティアセンターが開設されたり、ボランティアの募集が始まっています。ボランティアとして参加したい人は各市町村のボランティアセンターの情報などをよく確認してから参加をお願いします。

詳細は以下のホームページから。

災害ボランティア情報(熊本県社会福祉協議会)

震災ボランティアに行く前に知っておいてほしいこと

毎日新聞の以下の記事がわかりやすかったのでご紹介します。

熊本地震:ボランティア受け入れ窓口 県内各地に(毎日新聞)

この記事の中からボランティアに参加する上で特に参考になった点を5個挙げてみました。

  • 宿泊施設が不足している。まずは日帰りができる周辺地域の人から向かうといい
  • けがを防ぐためヘルメットや底の厚い靴が必要
  • 出発前に最寄りの社会福祉協議会でボランティア向けの保険に加入しておく
  • 慌てて(被災地に)向かうよりは息の長い支援を意識してほしい
  • 高齢者の話を聞いてあげるだけでも助けになることがある

また、ハフィントンポストの以下の記事もとてもよくまとめられています。

熊本地震、迷惑をかけずボランティアに参加する方法

熊本地震のボランティアに行く人はぜひ参考にしてください。

<関連記事一覧>
・熊本地震ボランティア募集状況まとめ
・熊本地震の被災地ボランティアに参加して(体験談)
・モンスターボランティアと呼ばれないための2つの心得

ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。