LINEをPCに簡単にインストールする方法

iPhoneやスマホで人気の無料電話・メールアプリ「LINE(ライン)」をPC(パソコン)にもインストールして使ってみたらすごく便利だったので、今回はLINEをPCにインストールする方法について紹介します。

①LINEアプリをパソコンにダウンロードする

LINEをダウンロードする

まず、LINEの公式HPにアクセスしてメニューの「ダウンロード」へアクセス。パソコン版LINEアプリをダウンロードします。(僕はWindows 10を使っているのでWindows 10用のアプリをダウンロードしました)

LINEをダウンロードする2

②LINEをパソコンにインストールする

LINEをPCにインストールする1

ダウンロードすると、Windows 10の「ストア」が開くので、ストア上でインストールを行います。インストールの際にはMicrosoft アカウントでのサインアップ(メールアドレスとパスワードの入力)を求められる画面が開きますが、ここはお持ちのアカウント(持っていなければアカウント作成可)を入力すればOKです。アカウントを入力するとインストールが始まります。

③LINEアプリを開いてログインする

インストールできたら、LINEアプリを開いて早速ログインしていきましょう。LINEを開くと次のような画面が表示されます。

LINEをPCにインストールする2

ログインする方法には、iPhoneやスマホのLINEで設定しているメールアドレスとパスワードを直接入力する方法とQRコードを作成してそれを読み込ませる方法の2通りがあります。

僕の場合は、メールアドレスとパスワードの入力を何度もやったのですが、なかなかうまくいかなかったので、QRコードを使ったログインを試みました。

LINEをPCにインストールする3
(画像は一部加工してあります)

パソコンのアプリ上で作成したQRコードをスマホのLINEアプリ上で読み込むことで、本人認証が完了します。

▼iPhone/スマホのLINE上の「QRコード」から読み取る
LINEをPCにインストールする4-1

④LINEを使ってトークする

LINEに無事ログインできたら、下のような画面が表示されます。この画面上で友だちやLINEグループと自由にトークができます。

LINEをPCにインストールする5

⑤パソコンで作成したファイルをやりとりする

パソコン版LINEアプリをインストールすると、パソコン上で作成したファイルをそのままアップして共有できるのですごく便利です。

LINEをPCにインストールする6

矢印の部分をクリックすると、ファイルを添付できます。WordやExcelで作成したデータも問題なく送信できます。

実際にパソコン版のLINEアプリを使ってみると、ファイルを簡単に送信できることと、パソコンのキーボードで文章入力ができるのでメールがすごく楽だと感じました。

iPhoneやスマホだけでなく、パソコンにもインストールしておくと連絡手段の幅が広がりますね。ファイルやデータのやりとりが多い方はぜひ参考にしてください。

この記事が気に入ったらみんなにシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。