[iPhone]低電力モードだとメールが届かないって知ってた?

iPhoneで電池が少なくなると「低電力モード」へ切り替えることができますね。「これって便利かも?」と思ってしばらく使っていましたが、実はこの低電力モードではメールが届かなくなるようです。知っていましたか?

最近、メールの受信が遅い(自分からメールボックスを開かないと受信できないことが多い)と感じていたのですが、iPhoneの設定画面をチェックする中で、以下のような画面を見つけました。

ファイル 2016-04-30 0 40 44

「バッテリー」の設定画面上で、低電力モードでは「メールの取得、Appのバックグラウンド更新、自動ダウンロード、および一部のビジュアルエフェクトが削減されるか、オフになります」とはっきり書いてあるではありませんか。

実際に、通常設定と低電力モード設定の場合でそれぞれメールの受信の具合を見てみましたが、やはり低電力モードではメールの取得がオフになり、自分からメールボックスを開かないとメール取得が始まらないという現象が起きました。

消費電力をけちって低電力モードを使っていましたが、安易に使いすぎると大事なメールを見逃すこともありますので注意が必要ですね。

もし、間違って低電力モードにしてしまった場合は、設定の「バッテリー」から低電力モードをオフにできるので参考にしてください。

この記事が気に入ったらみんなにシェアしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。