エックスサーバーにWordPressをインストールする方法

ブロガーやアフィリエイターに人気のエックスサーバーにはWordPressの自動インストール機能がついています。これを利用することで簡単にWordPressをインストールすることができます。この記事を参考に、サクッとWordPressをインストールしてみましょう。

エックスサーバーのWordPress自動インストールの手順

まず、エックスサーバーのサーバーパネルにログイン。メニューの下側にある「設定対象ドメイン」の中から、WordPressをインストールしたいドメインを選択します。

次に、「ホームページ」の中にある「自動インストール」をクリックします。

「プログラムのインストール」をクリックします。

続いて、「WordPress日本語版」の「インストール設定」をクリック。

WordPressのインストール設定画面が出てくるので、インストールしたいURL(インストールURL)やブログ名、ユーザ名、パスワード(WordPressの管理画面にログインするためのパスワード)、メールアドレスなどを設定します。

設定項目

①インストールURL

「http://〇〇〇〇/△△△△」という設定画面が表示されます。http://の後の部分(〇〇〇〇)はWordPressをインストールしたいドメインを選択してください。

また、ドメインのさらに後ろの部分(△△△△)は基本的には空欄でOKです。空欄に設定すると、http://〇〇〇〇/というURLにWordPressがインストールされます。(通常はこのようにドメインのすぐ下のURLにインストールするのが一般的です)

もし、http://〇〇〇〇/△△△△というURLにインストールすると、WordPressブログのトップページURLもhttp://〇〇〇〇/△△△△となるので注意(例えば、http://picnewsjapan.com/blogのようになる)。トップページURLはなるべくシンプルな設定にしましょう。

②ブログ名

ブログ名は後からでも変更できますので適当なもので構いません。

③ユーザ名

WordPressの管理画面にログインするときのユーザ名です。「admin」などのような他人が容易に推測できるようなものは避けましょう。お好みのユーザー名で構いませんが、長く使えるものがよいです。

④パスワード

WordPressの管理画面にログインするときのパスワード。こちらも人から推測されにくいもの(アルファベットの大文字・小文字、数字などを組み合わせたもの)にしておくとよいです。

⑤メールアドレス

自分のメールアドレスを入力します。

⑥データベース

新しくWordPressをインストールする場合は「自動でデータベースを生成する」を選択します。

以上の設定が終わったら、「インストール(確認)」をクリックします。

以下のような確認画面が出ますので、設定に間違いがなければ、「インストール(確定)」ボタンをクリックします。

これでWordPressの自動インストールが開始します。以下のような画面が表示されると、インストールが完了です。

確認のため、「インストール済みのプログラムの一覧」を見てみると、以下のようにきちんとインストールされていることがわかります。


(↑「ダッシュボードへ」のテキストリンクからWordPress管理画面にログインできます)

どうですか? 設定さえ間違えなければ意外と簡単にできますね。

以上、エックスサーバーにWordPressをインストールする方法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1981年4月、熊本県生まれ。現在、大分市在住。妻と子ども2人(3歳と1歳の男の子)の4人暮らし。趣味はサッカー、読書、インターネット、ブログ、その他面白い話題を見つけること。その他関心がある分野は、小説執筆とコーチングです。最近では、子どもと一緒に機関車トーマスのプラレールにハマっています。好きな食べ物はチョコとコーヒーです。SNSでフォローしていただくと最新記事を読むことができます。よろしくお願いします。